2020年09月15日

5月連休の谷間は高い

5月連休の谷間は高い 4月後半から5月上旬にかけてのゴールデンウイーク。その年によっては、連続した休みとなることもあるが、ほとんどの場合は、連休の間に数日の営業日が入って、マーケットでも立会いが行われる。こうした連休の谷間では相場が高くなるケースが多いとされる。行楽などに出かける投資家も多く、マーケット全体が「売り買い」の少ない真空に近い状態となるため値が動きやすい。

 もっとも、コンピュータの発達した今日では、大型コンピュータに運用を任せたままの機関投資家も増えているため、昔ほど連休の谷間が高いということでもなくなっている。それでも、機関投資家の保有が少ないような小型銘柄については、やはり5月連休の谷間は強い展開が予想されそうだ。
posted by 相場格言 at 19:00 | 相場格言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
株式投資情報ブログ