犬丸正寛の相場格言トップページ 相場格言>卵はひとつの籠に盛るな=犬丸正寛の相場格言

2019年07月19日

卵はひとつの籠に盛るな=犬丸正寛の相場格言

■卵はひとつの籠に盛るな

 イギリスの有名な格言で、日本でもよく使われています。今さら説明の必要がない言葉ですが、改めて言えば、卵は壊れやすいので鶏小屋から卵を運んで来る時はひとつの籠にたくさん入れてはいけないという教えです。卵をお金に置き換えて、ひとつのものにまとめて投資すると危険なので、分散投資が大切であるという教えとなっています。

 日本では預貯金・土地・株式の3つに分散して投資する「財産3分法」が有名です。デフレの時は現金の価値が高まりますが、反対にインフレになったら預貯金は弱く、株や土地が有利であることはいうまでもありません。また、商品に対する分散投資だけでなく、経済の成長性や政治の安定性などを加味したうえで地域、国別の分散投資も大切なところです。とくに、東西冷戦の終結した今日、世界を駆け巡る資金の「ヘッジファンド」はこの地域分散投資を基本としています。

2004-12-13 11:43の記事

posted by 相場格言 at 11:50 | 相場格言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
株式投資情報ブログ