犬丸正寛の相場格言トップページ 相場格言>株は世に連れ、世は株に連れ=犬丸正寛の相場格言

2019年07月11日

株は世に連れ、世は株に連れ=犬丸正寛の相場格言

■株は世に連れ、世は株に連れ

戦後の「三白景気」「ガチャマン景気」に始まり、
今や「女性の時代」「質と匠」の時代に

 株は世の中の移り変わりを映して動くという教えです。が、どこかで聞いたことのある言葉ではないでしょうか。そうです、「歌は世に連れ、世は歌に連れ」をもじったものです。戦後、焼け野原の東京では、「こんな女に誰がした…」と唄った菊池章子さんの「星の流れに」や、親のいない靴磨き少年を歌った「ガード下の靴磨き」などがラジオに流れ、「越後獅子の唄」「リンゴの唄」「岸壁の母」「東京だよおっかさん」など敗戦の暗い世相とを映した歌が相次ぎました。当欄は、歌謡番組のコーナーではありませんが、しばらく、お付き合いください。復興の槌音が高まると、東京へ集団就職が始まり、「ああ上野駅」「別れの一本杉」「白い花の咲く頃」「あの娘はないちっち」「柿木坂の家」など、故郷歌謡が全盛となり、経済発展とともに、植木等さんのサラリーマンは気楽な家業と歌った「すーだらブシ」もなつかしいところです。昭和24年に始まったレコード大賞にも世相の変化が読み取れます。第一回の「黒い花びら」、第二回の「誰よりも君を愛す」、第三回の「君恋し」と愛が続き、昭和42年に「ブルーシャトー」と初めて片仮名が登場、昭和53年に「UFO」と初めて英語が登場しています。歌謡曲の題名が日本の復興、成長、国際化の流れを映し出しているといえるでしょう。

2004-12-07 11:28の記事

posted by 相場格言 at 14:55 | 相場格言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
株式投資情報ブログ