犬丸正寛の相場格言トップページ 相場格言>相場も生き物 空腹になれば起き上がり満腹で寝転ぶ

2016年12月03日

相場も生き物 空腹になれば起き上がり満腹で寝転ぶ

soubamoiki11.jpg 実物経済と金融がほぼ一体となっていた昔と違い今は金融が存在感を持って独り歩きする時代です。動物が親離れして独力で縄張りを持ちエサ獲りをすることと似ています。経済は詰まるところ人のエサ獲りゲームですから、金融の中の株相場という生き物も空腹になればエサ獲りに動き出します。

 ただ、動物と違って人は貪欲ですから満腹という自覚に欠け自らエサ獲りを中断しようとはしません。神の力とでもいうべき天井打ちと暴落によってのみエサ獲りを諦めて寝転ぶという姿です。

 相場の空腹と満腹は売買代金や出来高に顕著に現れます。とくに、出来高が異常に多いとき、反対に少ないときは空腹・満腹、すなわち相場天底のサインとみることができます。大切なことは、相場が空腹状態となっているにもかかわらず、肝心の個人が満腹のまま消化不良で食欲不振とならないことです。

posted by 相場格言 at 07:26 | 相場格言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
株式投資情報ブログ