犬丸正寛の相場格言トップページ 相場格言>買い難い相場ほど上がる

2010年10月22日

買い難い相場ほど上がる

買い難い相場ほど上がる まったく、その通りです。人は、やはり、「考える生き物」ですから、筋道を立てて考えようとします。物事の背景にある理由を賢明に考えようとします。
 しかし、どのように考えても分からず、理解しかねることはあるものです。もちろん、そこには、「常識」という、人の世の基本となる物差が存在することもあるからだと思います。今の相場は、PERは算定不可能など、投資尺度から見れば、常識的にはとても買える相場ではありません。それでも感覚的には、「流れが変わってきた」ということは分かります。しかし、頭では理解でき難いのです。
 仮に、筋道が立たないで、納得できないまま買ったら、必ず後で後悔するという思いが心の底にあります。だけど、「勘」とか「感覚的」には、「相場は変わった」と、盛んに自分に語りかけてくるのです。
 だけど、買い難い。だから相場は上がる。そして、「今期は増益」といった報道が出ると、理解できたとばかりに買いに出てしまうのです。もちろん、そこは天井です。「買い難い」相場は上がっても、「買いやすい」相場は天井となるのです。

posted by 相場格言 at 11:02 | 相場格言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
株式投資情報ブログ