犬丸正寛の相場格言トップページ 相場格言>相場は売りか買いかだけにあらず=犬丸正寛の相場格言

2010年10月18日

相場は売りか買いかだけにあらず=犬丸正寛の相場格言

相場は売りか買いかだけにあらず=犬丸正寛の相場格言 「買いか、売りか」の判断をするクセをつけることは大切です。しかし、この2つだけに限定した考えは危険と教えています。買えないのなら売ってみよう式で、いつも買ったり、売ったりしていると疲れて、大局が見えなくなる心配があります。時には、相場から一歩離れて休んでみなさいというアドバイスです。買い、売りだけでなく休みもあるということです。
 もちろん、デイトレーダーの人には「休んでなんかおれない」との意見もあるでしょう。それは、否定しません。ここでは、人生を楽しみ、その人生を豊かにするための投資もあるというスタンスです。そのためには、じっくりと景気、企業業績をウォッチして、投資するのが良いと思います。チャンスが来るまでは待つ心が成功への道でもあります。
 同じ格言で、『売るべし買うべし休むべし』という格言もあります。株式相場はもちろんのこと、商店経営にしろ、会社経営にしても基本のところは、「売り」と「買い」の営みによって成り立っていることは言うまでもありませんが、「休む」ことも必要と説いています。

posted by 相場格言 at 10:14 | 相場格言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
株式投資情報ブログ