2019年07月29日

相場は悲観の中で生まれ懐疑とともに・・=犬丸正寛の相場格言

■相場は悲観の中で生まれ、懐疑とともに育ち、楽観の中で天井を打ち、幸福感とともに消える

■相場は悲観の中で生まれ、懐疑とともに育ち、楽観の中で天井を打ち、幸福感とともに消える

相場は悲観の中で生まれ、懐疑とともに育ち、楽観の中で天井を打ち、幸福感とともに消える アメリカの有名な相場に対する教え。相場の底から天井までの大きなサイクルを心理面から学ぶのに役立つ。

 格言は古今東西、先輩の方々の貴重な教えです。しかし、その通りだとは思っても、言葉の通り実践できないのが人間です。

 今のアメリカは、まさに、「悲観」の真っ只中です。トンネルの中の暗闇状態です。きっと、後で振り返れば底だったと分るはずです。

 日本の投資家も痛手は被っています。しかし、バブル崩壊は経験済みです。アメリカほど心理的には追い込まれていません。今こそ「タネ(種)玉」つくりの買いをしようではありませんか。

2009-02-20 17:13 に掲載の記事
posted by 相場格言 at 10:55 | 相場格言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

真の底は戦い終わった戦場のごとし=犬丸正寛の相場格言

■真の底は戦い終わった戦場のごとし

真の底は戦い終わった戦場のごとし 今回のサブプライム問題に端を発した下げ相場では、買い方、売り方の大きな戦いが続いています。しかし、NYダウにしても日経平均にしても大きく動いている間は、まだ底値とは言えません。特に、商いを伴って上に下にと動くことは、たとえば関が原のような戦いなら、兵士があちこちで刃を交えている状態です。

 本当に戦いが終わるには、どちらかの兵が完全に負けてしまうことです。そして、戦場には静粛の時が帰ります。株で言うなら、今度のような大きな悪材料では買い方が投げ切ることが必要です。今のように下げては戻し、また下げる動きでは完全に投げ切っていないのです。

 投げが一巡すれば、戦いが終わった戦場のように静かになります。マーケットでは、これを『閑散に売りなし』と表現して相場が陰の極に達したと判断します。

2009-02-18 16:36 に掲載の記事
posted by 相場格言 at 10:54 | 相場格言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

相場賢者はよく聞き、相場下手は語る=犬丸正寛の相場格言

■相場賢者はよく聞き、相場下手は語る

相場賢者はよく聞き、相場下手は語る 相場に限ったことではありません。実生活においても、能弁な人が、言った通り実行しているかと言えばそうでもありません。今の世の中、「沈黙は金」なんて流行(はや)らない時代です。小さい子供たちも、学校で黙っていたらイジメに遭います。大いに語り、大きい声を出して存在感を出さないと、よってたかってイジメです。よくないですね。結果、世の中、あっちもこっちもバラエティ化してしまって、腕芸より口芸が発達です。

 相場についても多くの投資家は強弱感を語るのは活発です。しかし、現実は多くの人が損失です。「ああ、うう」だけの受け答えだけでは困りものですが、バラエティ社会は見直したほうがよいでしょう。「有言実行」は難しいものですが、少なくとも、相場では「不言実行」で行くのも、どうでしょうか。

2009-02-17 16:28 に掲載の記事
posted by 相場格言 at 10:54 | 相場格言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
株式投資情報ブログ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。