2017年06月22日

相場は人気7分に材料3分

【過去の記事を紹介=2009-07-14 17:00】

相場は人気7分に材料3分 人気を分解すれば「人」の「気」となります。気(け)とは、ざわめきや人の気配の多いこと、つまり、多くの人が集まり、注目している状態ということになります。投資する場合は、多くの人が注目するだろう、と思われる銘柄の中から選ぶことが大切、と教えています。『人気を知ることが相場に克つ道』とも教えています。

 人気とは、なかなか難しいものですが、案外、ヒントは身近にもあります。空気がきれいで、おいしい水のある田舎でも人が集まらないと寂しく、土地の値段も上がりません。歌は上手なのになぜか人の集まらない歌手、勉強がよくできて真面目だが、なぜかモテない男子学生、同じ商店街にあってなぜか売れる店と売れない店など、数えれば、きりがないほどです。

 仮に、商店街で隣り同士に魚屋さんがあったとします。どちらも、新鮮さは同じ程度なのに、不思議と片方が売れて、もう片方には人が寄り付かないことがあります。こういった場合、しばらく眺めていますと、売れている店は、掛け声も大きく威勢のよいことが分かります。ところが、もう一方の店は、人のよさそうな店主ですが、声を出すこともなくおとなしいのです。人間的には、おとなしい店の主人がすばらしいかもしれませんが、商いをやっている以上は売れてナンボの世界ですから、やはり威勢のよいのが人気の基本ということになるのではないでしょうか。

 銘柄を見るときは、業績がよいか、財務内容はどうかなどのデジタル的な材料面に先ず目が向きます。決して、間違いではありませんが、さっきの元気のいい魚屋さんと、おとなしい魚屋さんの例えのように、業績だけではだめなのです。1株利益が同じであっても、人気をはかる投資尺度のPER(株価収益率)が、一方は40倍、片方は20倍ということが起こります。もちろん、PERは高いほうが人気の高いことを現しています。1株利益が同じであっても、こうした人気に差が生じるのは、発行株数の多少、先行きに対する展望、知名度、分かりやすさ、親しみやすさ、一等地に本社がある、経営者への信頼性や親しみやすさといった、どちらかといえば人間臭さのあるアナログ的な要素によるところが多いのが特徴です。格好がよくてサービス精神のある歌手や俳優に人気があるのと同じように、銘柄も格好のいいのが人気があるのです。

 株式投資で、「人気」を理解するうえで有名な言葉があります。経済学で著名なケインズ先生は、株式投資は「美人投票のようなもの」と言っています。自分好みの美人を選ぶのではなく、多くの人が誰を美人と思うかを予想することが大事であると著しています。自分でよいと思う銘柄より、多くの投資がよいと思う銘柄を選ぶことが儲けるコツというわけです。
posted by 相場格言 at 09:00 | 相場格言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
株式投資情報ブログ